ハウス売買 > ハウス売買 つつじヶ丘店のスタッフブログ記事一覧 > 家を売却する際のオープンハウスとは?方法やメリットなどをご紹介!

家を売却する際のオープンハウスとは?方法やメリットなどをご紹介!

≪ 前へ|日当たりの悪い家を売却するには?売れない原因や高く売却するコツについて解説!   記事一覧   住宅ローンの1つフラット35の特徴とは?メリット・デメリットも解説|次へ ≫

家を売却する際のオープンハウスとは?方法やメリットなどをご紹介!

家を売却する際のオープンハウスとは?方法やメリットなどをご紹介!

オープンハウスという言葉は聞いたことがありますか?
家を買う際、オープンハウスに見学に行かれたという方も多いと思います。
しかし、自分の家を売却する場合、どのような方法でオープンハウスにすれば良いのか、イマイチわかりませんよね。
そこで今回は、家を売却する際のオープンハウスについて、方法やコツをお伝えします。
オープンハウスをすることによるメリットについてもご紹介しますので、これから家の売却を検討しているという方は、ぜひ参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

家を売却する際のオープンハウスの方法とは?

家を売却する際のオープンハウスの方法とは?

最初に、そもそもオープンハウスとはなにか?ということや、オープンハウスをおこなう方法についてご紹介します。

オープンハウスとは?

オープンハウスとは、家の中を自由に見学できるように開放した家のことを指します。
家を売却するにあたって、もっとも有効な方法です。
最初からオープンハウスを開催する場合や、長期間売れない物件もオープンハウスを開催した途端に売れたという事例もあります。
一般的に、土日限定で開放することが多く、事前に不動産のホームページで告知したり、周辺地域にチラシを配ったりして集客します。
また、告知用のチラシやDM、インターネットによる告知、当日の案内板などは、不動産会社が用意することが一般的で、売主に支払いが発生することはほとんどありません。

オープンハウスの方法とは?

オープンハウスは基本的に時間内であれば、住居の中を自由に見学できます。
売主がずっと家にいて対応しなくてはいけないのかと、気になる方もいるかもしれません。
基本的に、開催期間は担当営業マンが来客対応をします。
居住中の家であれば、担当営業マンに任せるか、時間があれば家にいて物件の説明を補足するのも有効でしょう。
居住中の家をオープンハウスにする場合は、住みたい家と思ってもらう必要があります。
水回りなどはとくに汚れが目立つと印象が良くありませんので、必要に応じてハウスクリーニングなどを利用すると良いでしょう。
また、開催する日時についても注意が必要で、近隣で大きなイベントがない日を選ぶことが重要です。
多くの来客者を集めるために、天候のチェックも欠かさずにしておきましょう。
不特定多数の方が訪れるため、できるなら空き家の状態でオープンハウスにすることをおすすめします。
また、マンションの場合は近隣住民に迷惑がかかる可能性がありますので、事前にオープンハウスを開催する日時を告知して、上下階や両隣の住人には挨拶をしておくべきでしょう。

オープンハウスのメリットやデメリットとは?

オープンハウスのメリットやデメリットとは?

次に、オープンハウスを開催するメリットやデメリットについてご紹介します。

オープンハウスのメリット

集客力がアップする
家を売却する際、通常の内見は予約が必要です。
不動産ポータルサイトなどを見て、内見希望者は内見の予約をするわけですが、日程を調整する必要があります。
なかなか日程が調整できない場合もあり、最悪なケースでは内見自体をキャンセルされることもありえるのです。
その点、オープンハウスだと予約なしに自由に見学することが可能なので、より多くの集客が見込めます。

早期売却が可能
多くの見学者がいることで、早期に売却できる可能性が高くなります。
また、通常の内見と違って、ほかの見学者と鉢合わせになることも多く、早く決めないといけないという気持になる方も多いようです。
競合相手がいることで、購買意欲が刺激されて早期売却につながるといえます。

アンケート内容がヒントになる場合も
オープンハウスは来場者にアンケートを書いてもらうことが多いです。
その中で、お客様目線としての貴重な意見を知ることができます。
なかなか売れない理由を探るヒントが隠されていることが多く、改善のきっかけになることも多いです。
なかなか価格の値下げができなかった場合も、思い切って価格設定を決心するきっかけになることもあります。

オープンハウスのデメリット

冷やかしの方もいる
オープンハウスは自由に見学できることがメリットですが、その分冷やかしのお客様も来る可能性があるというのがデメリットです。
まったく購入する気がなくても、近所の方が興味本位で見にくることもあります。
とくに居住中の場合は、あまり良い気持ちはしませんよね。
近所の方に知られたくない方は、オープンハウスは家を売却するための最終手段として割り切る必要があります。

オープンハウスに積極的ではない不動産会社もある
オープンハウスは早期売却のために有効な方法ですが、不動産会社によってはオープンハウスに積極的ではないこともあります。
積極的にオープンハウスをやってくれるのか、媒介契約を結ぶ際に確認することが重要です。
オープンハウスでの早期売却を視野に入れて不動産会社へ相談をするのであれば、専属専任媒介契約または専任媒介契約を検討しましょう。

オープンハウスを成功させるコツや注意点について

オープンハウスを成功させるコツや注意点について

最後に、オープンハウスを成功させるコツについてご紹介します。
また、注意点についてもお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

家の中をきれいに掃除する

オープンハウスでどれだけ人を集めても、家の中が汚れていては購買意欲も高まりません。
購入希望者が物件を魅力的だと感じてくれるよう、家の中はきれいに掃除しておきましょう。
オープンハウスを開催するための費用が売主負担になることはほとんどありませんが、ハウスクリーニングを業者に依頼する場合その費用は売主の負担になることには注意が必要です。
また、空き家にして売る場合、リフォームをすることもあると思いますが、もちろんリフォーム費用も売主の負担です。
しかし、クリーニングやリフォームをすることで早期売却につながることもありますので、どのような状態でオープンハウスにしたほうが良いのか、担当営業マンと綿密に打ち合わせをしてください。
水回りについてはとくに気にされる方が多いので、念入りにきれいにしておきましょう。

不用なものを処分する

不用なものは売却時に処分すると思いますが、残ったままでオープンハウスにすると、あまり印象が良いとはいえません。
そのため、不用なものはオープンハウス開催日の前に処分しておくことをおすすめします。
不用品の処分については、不用品回収業者に頼むか、自治体の清掃工場に持ち込む方法があり、持ち込みのほうが安くすみますので、節約したい方は持ち込んで処分しましょう。
また、まだ使えるようなものは、フリマサイトや買取業者に査定してもらうのもおすすめです。

部屋のにおいに注意する

住んでいるとなかなか気づかないものですが、来場者の方にとって部屋のにおいは気になるものです。
とくに居住中にオープンハウスにする際は注意が必要となります。
オープンハウス開催日の数時間前に窓をあけて換気をして、部屋の空気がこもらないようにしましょう。

開催日を決める際に注意が必要

オープンハウスの開催日は、土日祝などに設定することが多いですが、土日祝はほかのイベントが開催されている可能性があります。
お祭りや運動会などの行事がおこなわれている日は、来場者が少なくなりますので、そのような日は避けましょう。
オープンハウスは、遠方からのお客様もいらっしゃいますが、近隣のお客様がターゲットでもあるからです。

まとめ

今回は、家を売却する際のオープンハウスについてご紹介しました。
オープンハウスをおこなう方法や、メリット・デメリット、コツや注意点についておつたえしましたが、いかがでしたでしょうか?
メリットやデメリットをしっかり把握したうえで、早期売却のために利用してみてください。
また、長期間売却できずに悩んでいるという方も、オープンハウスでの売却を検討してみるのをおすすめします。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|日当たりの悪い家を売却するには?売れない原因や高く売却するコツについて解説!   記事一覧   住宅ローンの1つフラット35の特徴とは?メリット・デメリットも解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 買取保証付き売却システム
  • 内部ブログ
  • お問い合わせ
  • 周辺施設検索
  • ハウス賃貸
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る