ハウス売買 > ハウス売買 つつじヶ丘店のスタッフブログ記事一覧 > 住みながら不動産を売却するコツは?メリットと注意点も解説

住みながら不動産を売却するコツは?メリットと注意点も解説

≪ 前へ|古家付き土地を売却する方法とは?メリットやデメリットもご紹介!   記事一覧   日当たりの悪い家を売却するには?売れない原因や高く売却するコツについて解説!|次へ ≫

住みながら不動産を売却するコツは?メリットと注意点も解説

住みながら不動産を売却するコツは?メリットと注意点も解説

家の売却を考えたとき、住みながら売却することができれば良いのに、と考える方は多いです。
住みながらの売却は、うまくいけばスムーズな住み替えができ、メリットの多い方法です。
この記事では、住みながら不動産を売却するメリットとコツ、また、注意点も併せてご説明します。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

住みながら不動産を売却するメリット

住みながら不動産を売却するメリット

住みながら不動産を売却することで得られるメリットは多くあります。
一つずつご説明していきます。

資金計画が立てやすい

住みながら不動産を売却することで、次の住宅に移る前に、現在の不動産の売却で手元に入る額が確定します。
売却価格が確定しないうちに新居を購入してしまうと、予定よりも安い金額でしか売却できなかったときに資金計画に狂いが生じます。
しかし住みながら新居購入前に売却した場合、確定した売却金額を踏まえて次の家を探す予算を立てることができ、計算違いが起きにくくなります。
また、住んでいる不動産を売却したことによる大きな資金が入ってくるため、元々の資金が少なくても安心して新居を購入することができます。
住みながらではなく、引っ越して空き家になってから売却した場合は、空き家となっている元の家の住宅ローンと、新居の住宅ローンで二重の支払いになることもあります。
余分な出費が必要なく、資金計画が立てやすいのが、住みながら家を売ることのメリットです。

住みながらだと家の劣化を抑えられる

家は、空き家になってしまうと劣化が早く進んでしまいます。
住んでいれば日常的におこなわれる換気や、水の循環により、過度な湿気やカビが発生しにくくなります。
そのため、住みながら売却することで、家の劣化スピードを抑えることができます。
空き家になって長時間が経過すると、劣化が激しく、内覧に来た購入希望者にとっても魅力的な家に見えにくくなります。
住んでいる今の状態で内覧してもらえるのもメリットの一つです。

内覧者にとって参考になる

住みながら売却するためには、家で生活を続けている状態で内覧に来てもらうことになります。
室内になにもない空き家だと、内覧者はそこでの生活をイメージするのが難しいでしょう。
しかし、住みながらの売却では、設置する家具や照明、生活動線など、さまざまな部分が内覧者にとっての参考になり、住んでからのイメージがしやすくなります。
もし、整理整頓が得意で、素敵なインテリアがそろっている場合、なにもない状態よりも魅力的に感じられるでしょう。
新居に持っていく予定のない電化製品や家具があるなら、それが内覧者にとっての付加価値になることもあるため、そのような交渉も直接おこなうことができます。

内覧者に不動産の良さを伝えやすい

空き家にしてからの売却では、誰もいない家に内覧者と不動産会社の担当者だけで訪れます。
住みながらの売却であれば、内覧時に今の住民が在宅し、内覧者たちを迎えることになります。
その際に、その物件の魅力や、周辺環境の良さなどを、直接伝えることが可能となります。
チラシやインターネットでは分からない、生の声を伝えることで、物件の価値を上げることができます。

住みながら不動産を売却するコツ

住みながら不動産を売却するコツ

住みながら不動産をうまく売却するために、押さえておきたいコツをご紹介します。

生活感が出すぎないようにしっかり掃除をする

素敵なインテリアで整理整頓された家であれば、住みながら内覧に来てもらうことはプラスに働きます。
しかし、そうでない場合、生活感が出すぎてしまい、あまり魅力的に見えないケースも多いです。
内覧者に物件の魅力を感じてもらうためには、しっかりと掃除をおこない、余計なものは置かず、できるだけものを減らすことが効果的です。
また、内覧者はその家に入ったときに、においが印象に残るものです。
内覧者が訪れる前にはしっかりと換気をおこない、必要に応じて消臭剤などで対応しましょう。
とくに喫煙者やペットがいる場合、より一層の注意が必要です。

内覧中は別室で待機する

その家の住人がいると話しにくいことも多いため、あまり同じ部屋にいないほうが良いでしょう。
質問があればすぐに答えられるよう、内覧中は別室で待機しておくのがおすすめです。
積極的に物件の良いところをアピールしすぎると、内覧者は嫌に感じることも多いため、聞かれたら答える、程度にしておいたほうが無難です。
「どの部屋も自由に見てくださいね」と伝え、クローゼットを開けておく、全部屋の電気を付けておくなど、住民がその場にいなくても、気兼ねなく見て回れる状況を整えることもコツです。

内覧者が快適に過ごせるような気遣いをする

内覧者が購入を決めるかどうかは、住人のイメージによっても変わります。
そのため、内覧者が快適に過ごせるように細やかな気遣いをすることが大切です。
たとえば、内覧者が気持ち良く利用できるスリッパを、訪れる人数分用意しておくことや、部屋の室温を快適に保つことなどがあります。
大切なお客様を迎えるつもりで準備すると良いですね。

住みながら不動産を売却することの注意点

住みながら不動産を売却することの注意点

メリットが多くある住みながらの不動産売却ですが、注意点もあるため、併せてご紹介します。

スケジュール調整が必要

不動産が売れる前には、購入希望者に必ず内覧に来てもらう必要があります。
しかし内覧は、余裕を持ってスケジュールを伝えられることはあまりなく、前日や当日に内覧希望が伝えられることもあります。
このような希望に応えられなければ、せっかくのチャンスを逃すことになってしまうため、なるべく在宅してスケジュールを開けておく必要があります。
いつどれだけ内覧希望者が現れるか予測できないため、スケジュール調整が負担になることもあります。

内覧の対応が負担になる

売却が決定するまで、一般的には5~10件ほどの内覧があると言われており、それだけ内覧者を受け入れることになります。
売却のコツでもご説明したとおり、内覧前には部屋の入念な掃除をし、内覧時には在宅して対応するなど、気を遣うことが多いです。
子どもが苦手な内覧者もいるため、小さな子どもがいる場合は外に連れ出したほうが良いこともあります。
内覧に対応するために家族の予定を立て、そのとおりに動くのは大変です。
そのため、繰り返しある内覧への対応を負担に感じることもあるでしょう。

新居探しも並行しておこなわなければならない

住みながら売却することができたら、すぐに家を引き渡さなければいけません。
その際に、新居が決まっていないと、引っ越し先がなく、困ることになります。
そのため、売却活動と並行して、新居探しをしておく必要があります。
賃貸物件ではなく、新居を購入する場合は契約まで時間がかかるため、余裕を持って物件探しするようにしましょう。

仮住まいの費用が発生することがある

もし引き渡し時までに新居が決まらなかった場合、仮住まいをすることになります。
仮住まいをすることになると、賃貸物件の敷金礼金だけでなく、引っ越し回数が増えることによる費用負担も発生します。
とくに3月や9月など、引っ越しの繁忙期と重なった場合は、引っ越し費用も高額となるため、それも資金計画に入れておいたほうが良いでしょう。

まとめ

住みながら不動産の売却をするメリットや、売却を成功させるコツとともに、注意点をお伝えしました。
住みながらの売却は、内覧者への対応など、気をつかうことも多いですが、資金計画に余裕を持ちやすいなど、メリットも多くあります。
不動産の売却に関することは、弊社までお気軽にご相談ください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|古家付き土地を売却する方法とは?メリットやデメリットもご紹介!   記事一覧   日当たりの悪い家を売却するには?売れない原因や高く売却するコツについて解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 買取保証付き売却システム
  • 内部ブログ
  • お問い合わせ
  • 周辺施設検索
  • ハウス賃貸
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

 おすすめ物件


井の頭パークビューマンション

井の頭パークビューマンションの画像

価格
2,890万円
種別
中古マンション
住所
東京都武蔵野市吉祥寺南町3丁目32-6
交通
吉祥寺駅
徒歩12分

武蔵野市吉祥寺南町1丁目土地

武蔵野市吉祥寺南町1丁目土地の画像

価格
2億7,800万円
種別
売地
住所
東京都武蔵野市吉祥寺南町1丁目
交通
吉祥寺駅
徒歩5分

2022年リノベーション工事済物件 パーク・ノヴァ調布 2階 3880万円

2022年リノベーション工事済物件 パーク・ノヴァ調布 2階 3880万円の画像

価格
3,880万円
種別
中古マンション
住所
東京都調布市布田1丁目22-1
交通
調布駅
徒歩2分

世田谷区祖師谷6丁目新築戸建

世田谷区祖師谷6丁目新築戸建の画像

価格
6,980万円
種別
新築一戸建
住所
東京都世田谷区祖師谷6丁目
交通
千歳烏山駅
徒歩17分

トップへ戻る