ハウス売買 > ハウス売買 つつじヶ丘店のスタッフブログ記事一覧 > 不動産を買い替えるときの住み替えローンって?メリット・デメリットも紹介

不動産を買い替えるときの住み替えローンって?メリット・デメリットも紹介

≪ 前へ|収入合算を利用した住宅ローンの特徴は?利用条件からメリットと注意点まで解説   記事一覧   ファミリー世帯に庭は必要か不要か?メリットは?|次へ ≫

不動産を買い替えるときの住み替えローンって?メリット・デメリットも紹介

不動産を買い替えるときの住み替えローンって?メリット・デメリットも紹介

子どもが生まれて今のマンションから一戸建ての住宅に住みたい、今の戸建て住宅よりも広い家に住みたいなど、不動産の理由はさまざまです。
住宅の買い替えのときに利用するのが住み替えローンと呼ばれるものですが、一体どういったローンなのでしょうか。
今回は、住み替えローンの仕組みと、メリット・デメリットについてご紹介していきます。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産買い替えのときに耳にする住み替えローンとは

不動産買い替えのときに耳にする住み替えローンとは

住宅の買い替えは、どうしても必要に迫られておこなう場合もあります。
必要に迫られる多くの理由は離婚や転勤といったライフスタイルの変化ですが、そのタイミングでだれもがローンを返済している訳ではありません。
家を売ったところで一括返済ができれば新居のローンが組めるものの、一括返済ができない場合も多いです。
そうなると新居の購入の際にローンが組めない、そんな方のためにあります。

住み替えローンとは

借り入れの残りがあっても新たな借り入れができるローンです。
現在住んでいる住宅ローンの借り入れの残り分と、新居を購入するための資金をあわせて借りるローンをさします。
つまり、現在の住宅のローンが返済できていなくても新しい家に住み替えるための費用を融資して貰えます。

住み替えローンの審査内容とは

通常のローンよりも審査が厳しくなる傾向にあります。
先にほかのローンの審査は問題無かったからといっても、住み替えローンの審査には落ちてしまうという現象は決して珍しいことではありません。
主な審査内容は、年収や勤務先、現在の借り入れ残高、続いて新たに購入する物件の価格や金融機関による担保評価額です。
当然過去のローン返済履歴や個人信用情報も審査対象です。
借りる内容が現在の住宅ローンと同額であっても受けられない場合も当然あります。

住み替えローンが利用できる方できない方

まず、新しく住居を購入するというのが大前提の条件になります。
住宅購入のためのローンなので、当然といえば当然です。
担保は新たに購入した住宅となるので、自身が今住んでいるマンションや戸建てを売ったあとに新居で暮らさない場合は利用ができないのです。
自身が住みかえるために使用するローンですので、購入する物件が賃貸目的の場合も利用ができません。
さらに過去にローンを延滞していたり、金融機関との約束どおり返済ができていないなどの記録があると利用ができません。
過去の延滞については、どの借り入れでも厳しい目で見られますが、とくに住み替えローンは厳しいということを忘れてはいけません。
これから住宅を買い替えて、購入した住宅に自身が住み、過去に延滞の履歴がない方が使用できるローンとなります。

不動産買い替えをするときに住み替えローンを組むメリット

不動産買い替えをするときに住み替えローンを組むメリット

多くのメリットのなかでも住み替えをする方にとって一番魅力的なのは、自己資金を用意しなくても住宅の買い替えが可能なのは大きなメリットです。
とくに事情があって住宅を手放し、新しい地域に引っ越す必要があるのでしたら、こうした住み替えローンの存在は強い味方になってくれます。

自己資金を用意しなくても新居の購入ができる

少し細かく解説をしますと、通常のローンはほかのローンが残っていると借り入れができないことがほとんどです。
しかし、家を売ったあとの住宅のローンが残ってしまっている方のためにあるローンですので、新居の購入を考えている方に使いやすくなっています。
とくに新居の購入は手元にある程度まとまった資金が必要となりますので、突然の出費をおさえながら引っ越しができるのという魅力があるのです。

住宅ローンの借り入れの残りを完済できなくても住み替えが可能

前の住宅を売ってもローンが完済できていないといった状況でも利用が可能です。
こうした状況の方のためのローンなので、どうしても遠方に引っ越して住宅を手放さなければならないという状況でもこうした選択肢を選ぶことができます。
住宅を売った代金で住宅ローンの借り入れの残りを完済できなくても、以前の住宅のローン残高と新居の購入資金を同時に借りられるので、残高を心配しないで住み替えができます。

好きなタイミングで物件の売却と購入が可能

好きなタイミングというのは、前の住居のローンが完済していなくても問題がないという意味です。
本来なら前のローンを完済させ、その上で資金を調達し、新たに融資を受けます。
しかし、これらのステップを順当に踏んでいこうとしても、時間やタイミングは自分では決められません。
住み替えローンの利点はこうしたタイミングを計らなくても、前のローンの残高分と新たな住宅の購入金額を一緒にしてローンを組めます。
そうしたことから好きなタイミングで新規物件の購入が可能となります。

不動産買い替えをするときに住み替えローンを組むデメリット

不動産買い替えをするときに住み替えローンを組むデメリット

ここまでご紹介したように、多くのメリットがありますが、当然そこにはデメリットも潜んでいることを忘れてはなりません。
以前のローン残高分も借り入れするので、当然その分の借り入れの残りは多くなり、返済負担は増えてしまいます。
また、好きなタイミングで物件の購入は確かに可能ですが、その後のスケジュールがタイトになるのもデメリットのひとつです。
さらに審査も厳しくなるので、使いたくても使えないといったデメリットも存在します。

借り入れ残高が大きくなるので返済負担が増える

住み替えローンの仕組みからも想像にたやすい点になりますが、当然返済残高は高額になります。
住み替えが完了したあとでローンの返済が困難になってしまえば、悲しいですが新居を手放す必要が出てきてしまいます。
どんな事情で住み替えを行なうのか、住み替えをした後の自身の収入と出費は、返済していく余裕があるのかなど、慎重に見極めることが重要です。
借り入れ残高も含めた借り入れ金額に、返済する上で無理がないかというのを慎重に判断する必要があります。

売買の決済日は同日しなければならない

住み替えローンの少々面倒な点でもあります。
自宅を売った日と新居の購入日を同日にし、同時決済をする必要があるのです。
購入自体は自身でコントロールできても、いざ売ろうとしたときに買い手がなかなか見つからずに手続きが進まない場合もあります。
状況次第ではタイトなスケジュールになってしまうので、家を売ってから購入までが非常に忙しくなるのが一般的です。
スケジュール管理をしっかりとするなら、不動産会社に買取依頼をしておき、購入と同時に決済ができるように事前準備をしておくことです。
不動産会社による直接買取は、日程の調整がしやすいという安心感があります。

金融機関の審査が厳しくなる

一度購入した住宅のローンが残っている状態で利用するということで、金融機関の審査は厳しいものとなります。
売ったあとに残った借り入れ残高と新居の購入価格の合計が、以前のローンと同額であっても、審査に落ちてしまうこともあるくらいです。
確かに便利なものなのですが、審査に落ちてしまっては利用ができません。
そのためにも現在のローンの滞納が無かったり、クレジットカードの返済期日を超過させなかったりと、普段からの自己管理は重要です。

まとめ

一戸建てやマンション、やむを得ない事情で不動産の買い替えが必要なときに便利なのが住み替えローンです。
しかし、そのメリット・デメリットを自身がしっかりと把握していないと、せっかくローンを組んで住宅を購入しても、返済が上手くいかないといった事態に陥ってしまいます。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|収入合算を利用した住宅ローンの特徴は?利用条件からメリットと注意点まで解説   記事一覧   ファミリー世帯に庭は必要か不要か?メリットは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 買取保証付き売却システム
  • 内部ブログ
  • お問い合わせ
  • 周辺施設検索
  • ハウス賃貸
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

 おすすめ物件


練馬区小竹町2丁目新築戸建

練馬区小竹町2丁目新築戸建の画像

価格
7,480万円
種別
新築一戸建
住所
東京都練馬区小竹町2丁目60-8
交通
新桜台駅
徒歩7分

武蔵野市西久保3丁目アパート

武蔵野市西久保3丁目アパートの画像

価格
6,360万円
種別
一棟アパート
住所
東京都武蔵野市西久保3丁目
交通
三鷹駅
徒歩16分

2022年リノベーション工事済物件 パーク・ノヴァ調布 2階 3880万円

2022年リノベーション工事済物件 パーク・ノヴァ調布 2階 3880万円の画像

価格
3,880万円
種別
中古マンション
住所
東京都調布市布田1丁目22-1
交通
調布駅
徒歩2分

板橋区高島平4丁目戸建

板橋区高島平4丁目戸建の画像

価格
4,600万円
種別
中古一戸建
住所
東京都板橋区高島平4丁目
交通
西高島平駅
徒歩9分

トップへ戻る